台湾田中貴金属は1987年に新竹工場を設立し、電気接点の製造を開始しました。その後、2005年に湖口工場を設立し、再利用のライセンスにて貴金属の回収精製を行っております。
  貴金属は特性によって、装飾品、歯科材、工業製品などと幅広い分野で使用されております。その中で、耐食性、伝導性を要求する工業製品では、最も貴金属を必要としています。最先端技術と最高のサービスを提供するために、湖口工場は、長年にわたる運営経験、日本の工場と同等の、貴金属精製装置を導入しております。更に、お客様に対して、貴金属めっきの技術サポート、貴金属回収システムの提案を行う為に、日本人エンジニアを数名常駐させ日本と同レベルの高品質なサービスを実現しております。